Y.collectionで製作したオーダー家具の一例です
Y.collection
Y.collectionではデザインから製作までご要望に応じたオーダー家具を製作しております。

素材について

オーダー家具といっても、使用する素材は様々です。
木、スチール、ガラス、石 etc・・・中でも大部分を占める木材について主な素材をご紹介しましょう。

無垢材

何も手を加えていない自然の木を製材した材料です。各素材の中では最も木そのものの色合いや雰囲気のでる材であり、耐久性にも優れています。

ダイニングテーブル、キャビネット、チェアーなど日常身近な家具に多く使われ、大事に使い込んでゆけば年月を重ねるごとに味わい深い表情が生まれます。ただ、無垢材は呼吸をしますので、季節の変化や気候、温度、湿度などの環境により反りや変形などの狂いが生じてきます。

反りの防止に関しては、木を何枚かに接いで使ったり、扉などには実(さね:薄い板のこと)を入れるなどの製法に加え、お買い上げ後、急激に気温や湿度の変化する場所に置かないことや、通気性を良くするなどのお取り扱い方法により、反りを最小限におさえることができます。(全く反らない無垢材はございません。)価格は材により一概には言えませんが、他の素材に比べると多少割高になることが多い素材です。

無垢材 写真
拡大表示
       
突板

突板とは木目(杢目)の美しい天然木をスライスした単板のことです。合板(ベニヤ板)やMDF(中質繊維板)などに張って使用します。

無垢材と違い、組み合わせた時の材の狂いが少なく、また重量も軽くなるので作り付け造作家具や、比較的サイズの大きいキャビネットやシェルフなどによく用いられます。塗装の仕上りは無垢材に比べると、目が浅い為フラットな感じになりますが、価格帯は比較的安めとなり、お求めやすい素材です。

突板 写真
拡大表示
       
集成材

基本的に挽板(ラミナ)、又は小角材を繊維方向を互いに平行にして幅、厚さ、長さ方向に集成、接着した材です。大きな特徴は、反りやねじれ、割れなどの無垢材の欠点が解消されていることです。また、死節や割れなど元の木材の欠点を除去した材を使えるため、強度のばらつきも少なく品質の安定したものを大量に製造することができます。

ただ、名前の通り木を集めてできているので、表面や木の接着面がかなり目立つことになります。床や壁、階段など建築用の構造材として使われることが多く、家具では無垢材のキャビネットなどの背板の部分に使うなど、その特徴を生かした使い方が成されます。価格は材により様々ですが、無垢材よりは比較的安価となります。

集成材 写真
拡大表示

ポリエステル・メラミン化粧板・塩ビ化粧板   その他
 

ポリエステル、メラミンの各樹脂、又塩化ビニールを張った化粧板です。ポリエステルは安価な代わりにキズがつきやすいので、家具の内部によく使用されます。

メラミン化粧板は、熱には弱く水に強い性質をもっているため、キッチンの扉やその他水まわり、又建具などに使用されます。価格帯は素材の中では最も安価で、共に様々な木目(又鏡面、石目アルミ、ステンetc・・・)の表情をつけた化粧板が出ています。

    その他の材としては、スチール(鉄)、ガラス、石などがあげられます。いずれも木と組み合わせることによって、お互いの性質を引き立たせ、独自の雰囲気が生まれます。オーダー家具では基本的に扱えない素材はございませんのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。


TOP デザイン・プランのご提案 素材について 製作例 お取扱い上のご注意点 お見積り・お問い合わせ showroom FIショップテンマHP

オーダー家具のデザイン、サニタリースペースのご提案などのインテリアのトータルコーディネートのY.collection Homepage Topへ

Y.collection 東京都港区南青山4-1-15ベルテ南青山205 TEL:03-5786-1013 FAX:03-5786-1014
Copyright (C) 2007 by Y-collection. All Rights Reserved. Produced by REMIX Planning Studio